BLOG

ポルシェカイエン958 GTS イグニッションコイル交換 2021-1-27

ポルシェカイエン958

ご相談内容

ポルシェカイエン958のオーナー様から『エンジンの不調や、エンジンチェックランプの点灯』といった症状でご相談いただきました。

診断〜修理

エンジン不調の原因を専用診断機にて診断していきます。

イグニッションコイル

▲【シリンダ8】と入力されていました。

更に詳しく故障箇所を特定していきます。

8番のイグニッションコイルと2番のイグニッションコイルを入れ替え、もう一度診断。すると不具合箇所が2番に移動したため、コイルの異常と特定しました。

▶︎ポイント
イグニッションコイルは全部で8本あります。部品は1本1万円前後のため高額にはなりますが、ほぼ同時期に故障するため8本全て交換することをお勧めしています。
故障のたび修理をする場合、部品代のほか【最大8回分の診断料+工賃】が発生しますが、一度で全て交換を済ますと【1回分の診断料+工賃】で完了しますので、最終的にはコストをかなり抑えることができます。

今回も全て交換していきます。

イグニッションコイルの交換

カバー外す

カバーを外してイグニッションコイルにアクセスします。

ポルシェカイエン958コイル

ポルシェカイエン958 

赤く見えるのがイグニッションコイルです。

ポルシェ純正部品

こちらを新品部品に交換し、全ての作業が完了いたしました。

弊社では、純正品のイグニッションコイルを使用しています。
社外品はコイルのピーク電圧が高い部品もあり、エンジンとミッションの通信エラーを引き起こすことがあります。
エンジン制御に関わる部品ですので、純正部品を使用した方が安心です。

関連記事一覧

関連記事はありません。

お気軽にお問い合わせください。045-511-7418営業時間 / 10:00 - 19:00
定休日 / 日曜・祝日

最近の記事

PAGE TOP