BLOG

マセラティ ABS修理 2020-3-12

マセラティABS修理

マセラティABS修理でご入庫していただきました。
新品部品の供給が終了してしまいどうしたら良いかお困りになって、弊社にご来社していただきました。

マセラティABSランプ

点灯していた故障ランプです。
ABS系統はもちろんその他のエンジン制御、サスペンションなどもABSが制御してるので点灯してしまいます。

ボンネットダンパーを外す

ボンネットダンパーを外す

ボンネットダンパーを外してエンジンカバーを外します。

マセラティABSユニット

カバーを外すとABSユニットが出てきます。

パワステポンプを外す

パワステリザーブタンクを外してABSユニットにアクセス出来るようにします。

マセラティABS

ABSユニットを外す
ABSユニット(黒いプラスチックの基盤部分)を修理するので取り外します。
外す時にステーが邪魔になるので、ブレーキライン本体のボルト2本を外して上にずらします。

マセラティABS

取り外したマセラティABSユニットです。
こちらを修理します。

マセラティABS

ABSユニットを外したところです。
本体の方は壊れないので修理は大丈夫です。

今回の件では、ABSユニットのメーカー部品販売が終了してしまいご来社していただきました。
マセラティのABSは早めに部品供給が終了してしまっているので、中古部品かオーバーホールで対応するしか方法がありません。
中古部品は、壊れていたり再コーディングができなかったりと色々リスクがあるので修理が一番確実です。
お困りの方はご相談ください。

関連記事一覧

関連記事はありません。

お気軽にお問い合わせください。045-511-7418営業時間 /10:00 - 19:00
定休日 / 日曜 祝日

最近の記事