BLOG

フェラーリ360 クラッチレリーズベアリング クラッチマスターシリンダー交換 『ギキュー、ギキュー』音発生!!

 

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

 

フェラーリ360クラッチ修理で入庫です。
クラッチペダルを踏むと『ぎゅーぎゅー』と異音が発生していましたので、クラッチマスターシリンダーとクラッチベアリングを交換します。
エンジンオイルを抜いてバンパーを外します。

フェラーリクラッチマスターシリンダー

フェラーリ純正部品を使用します。

フェラーリ360セルモーター

セルモーターを外します。

フェラーリ360テールパイプ

テールパイプを外します。

フェラーリ360リヤマフラー

リヤマフラーを外します。

こちらのフレームは軽いのですが、フューエルラインのそばギリギリを通るので、2人で作業の方が確実です!!

フェラーリ360オイルキャッチタンク

オイルキャッチタンクを外します。

外したところです。キャップがオイルゲージになっています。

オイルキャッチタンクがついていたところです。
ゴミが入らないようにマスキングをしてください。

フェラーリ360ドライブシャフト

ドライブシャフトのボルトを外しミッションから切り離します。

フェラーリ360ドライブシャフト

ドライブシャフト取り付けめん、ミッション側です。

フェラーリ360ミッション切り離し

ミッション切り離しをします。

取り外したところです。

フェラーリ360クラッチレリーズベアリング

こちらのクラッチレリーズベアリングを外します。

ミッションを外した後です。

ベアリングを外すときは奥まっているためにクランクしている特殊な工具で外します。

新しいベアリングには、ピンがついていないので移植します。

続いてクラッチマスターシリンダーを外します。

ブレーキマスターシリンダーの右側奥にあります。

フェラーリ360クラッチマスターシリンダー

こちらが交換するクラッチマスターシリンダーです。

取り外したところです。

外した後です。外した後はブレーキ液が出てきますので、ウエスでカバーをします。
万一車両に付着したら、ブレーキオイルは可燃性なので、水で流すなどをしてください。

 

関連記事一覧

関連記事はありません。

お気軽にお問い合わせください。045-511-7418営業時間 /10:00 - 19:00
定休日 / 日曜 祝日

最近の記事

アーカイブ