BLOG

フェラーリカルフォルニア点検 2017/12/1

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています


フェラーリカルフォルニア点検で入庫です。

今回の診断は、汎用診断機オーテル マキシシスを使います。
11月に届いたばかりのニューマシンです。

汎用診断機としては、優れている機種でほぼ全ての車両を診断できます。
主にフェラーリ、マセラティ、ランボルギーニなどに使用しますが、R35 GTRのABS修理後のコーディングに使えるとのことで導入しました。

タブレット式で、タッチパネル対応なので難しくなくサクサク進めることができます。

BMW,AUDI,VWのコーディングにも対応できそう
これは使える

フェラーリ診断機
故障コード消去や、セッティングをしています。
特に異常がないのですが、バッテリーの不具合からたくさんの故障履歴が入力されていましたので消去してあげます。

イタリア診断機TEXAとどっちを選ぶか

TEXAだと、クラッチウェアが見れるのだけれど、360のクラッチウェアが2017年12月現在見れない。今日アップグレードしてみたけどこれで見れれば最高
お値段50万ぐらいで、現状フェラーリの診断機で使える一番お手頃の機種になる。
TEXAと同等の診断設定ができるようにアップグレード待ってます。今後どこまで見れるかチェックしてまたブログで紹介します。

関連記事一覧

お気軽にお問い合わせください。045-511-7418営業時間 /10:00 - 19:00
定休日 / 日曜 祝日

最近の記事

アーカイブ