BLOG

F355 内装ベタつき修理

F355内装修理

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年明け最初の作業は、F355販売車の内装ベタつき処理作業です。

シート塗装

シート、センターコンソールパネルは革塗装を実施しました。

エアコン吹き出し口

エアコン吹き出し口はマスキングをして取り外します。

F355 エアコン吹き出し

吹き出し口の枠、中のフィンすべてがベトベトでした。

椅子の調整レバー

椅子の調整レバーも剥離します。

ベタベタを取る溶剤

ステアリングコラムはベタベタが酷く、専用の溶剤でベトベト塗膜をつけおき分解します。

F355 内装ベタつき修理

F355の内装は熱、経年劣化によりベタつきが発生してしまいます。
スイッチ類、エアコン吹き出しなど特殊塗装をしてあるところはすべて塗装を剥離再塗装を実施します。

スイッチ類

バックライトで光る箇所は、マスキングをします。

シフト周りスイッチ

シフト周りのスイッチパネルの塗装完了です。
オリジナルはシボ(模様)がないのですが、ベトベト塗装が塗ってあり高級感があります。そのまま模様をつけないで塗装するとプラスチックのチープな感じになってしまうので、高級カメラにあるような特殊塗装を実施します。

ABSスイッチ
こちらのABSスイッチ、ドアミラースイッチも特殊塗装を実施します。
ドアミラースイッチに模様があるので一体感が出ます。

特殊塗装の方法

特殊塗装の方法は詳しくは教えることができないのですが、専用塗料の濃度を変えることで作ることができます。
そして、塗料を吹き付ける時の圧を変えること!! この2つを組み合わすことで施工が可能です。


ステアリングコラム塗装

ステアリングコラム塗装を実施しています。

灰皿のふた

こちらは灰皿の蓋です。

F355スイッチ

スイッチ類、すべて塗装完了です。
黒だけの塗装だとオリジナルには近づけることができないので、黒がメインで、若干白と青の塗料が入っています。

f355ベタつき

車両に取り付けます。
オリジナルにできるだけ近づけました。さらにオリジナルには無いシボ(模様)をつけることで高級感が出ました。

シフトまわり

こちらはシフト周りです。

F355スイッチ

こちらのよく使うスイッチ類のベタつきも押さえ再塗装しました。
こちらはシボをつけなかったのですが、こちらにも付けても良いかなと思います。

ステアリングコラムカバー

ステアリングコラムカバー

ステアリングコラムカバーがベトベトになると、乗り降りの際にズボンにベトベトの塗料がついてしまいます。
弊社で使用している塗料は熱や、経年劣化に強いのでベトベトにならないので安心です。

炭袋

最後にカビ予防、消臭予防として黒炭(黒炭)、備長炭(白炭)を大量にシート、足元に入れて完了です。
フェラーリの内装の革は高級なものを使用しているために、カビが発生しやすいです。

黒炭

アンモニアや肉・魚などのアルカリ性の匂いを吸着しやすいです。

白炭

汗の臭いやタバコの臭いなど、酸性の物質を吸着しやすいです。

これは私の体感ですが、黒炭だけ入れた車両と、白炭(備長炭)だけを入れた場合の匂いを比較したのですが、
車内の匂いをとるには黒炭より備長炭の方が良く取れるような気がします。
でも備長炭はお値段が高いのがネックです。

炭

消臭目的で取り寄せた炭です。
黒炭はバーベキュー用で十分です。

黒炭

炭

弊社のショールームのエントランスに黒炭を置いてあります。
こちらは消臭というよりかは、見た目でお洒落かなと思い置いてあります。
本格的に消臭するには、ショールームスペース90坪200Kgの炭が必要らしいです。(゚o゚;

炭シート

炭シート

内装のあらゆる箇所の内側には、炭シートを入れてあります。

これだけ徹底していれば、カビが生えることはないと思いますが管理方法、管理場所によってはすぐかびてしまいますので気をつけましょう!!

関連記事一覧

お気軽にお問い合わせください。045-511-7418営業時間 /10:00 - 19:00
定休日 / 日曜 祝日

最近の記事