BLOG

F355整備 エアバックユニット修理 2019-12-03

F355 エアバックモジュール

F355 エアバックモジュールの修理を実施します。

センターコンソール

センターコンソールを外します。
シートは洗浄とリペアをするので外しました。同時にセンターコンソールの革塗装も実施します。

点灯していたエアバックランプ

点灯していたエアバックランプです。
故障診断機、SD2が手元にないために、TEXAとオーテルで診断してみたのですが、エアバックは診断できませんでした。
TEXAオーテルともにエンジンコンピューターとABSは診断できるようです。

自己診断
自己診断ができるエアバックユニットでしたので、助手席足元にあるエアバック点検カプラーの左端の端子をアースに落としてエアバックランプの点滅回数を調べます。

2回点滅したので、コントロールユニットの内部不良、通常なら交換作業です。

F355 エアバックユニット

F355 エアバックユニットはこちらです。

F355 エアバックユニット

基盤を開けたところです。
こちらの表面実装基盤の部品の不具合を見つけて修理で対応できました。

純正部品供給終了品は修理で対応

F355のエアバックユニットは部品の供給が終了しているために新品部品が購入できないために、中古パーツを探すしか方法がありません。
弊社では基盤修理業もしているので、購入できない部品は修理で対応しています。
いくら販売台数1万台近くの売れたフェラーリでさえ電子基板のユニットを制作して供給するコストは見合わないようですね!
F355のABSユニットも同じく供給が終わっているので、電子部品の供給は比較的早めに終わりそうですね。
長く乗りたい、F355ユーザー様は供給がストップしそうな部品を押さえておくことを考えないといけない時期に来ています。
フェラーリに乗るのは大変だ!!維持するのは大変だ!! でも乗って楽しい、見て美しい、聞いてたまんない!!やめられないんですよね〜

関連記事一覧

お気軽にお問い合わせください。045-511-7418営業時間 /10:00 - 19:00
定休日 / 日曜 祝日

最近の記事